#ffffff

 クライアント・コンピューティング

今日、従業員はワーキングスタイルを選ぶことが可能です。スマートフォン、タブレット、その他のデバイスを新たに利用し、どこにいても自分の業務を行えるように、それらが既存のデスクトップおよびラップトップ環境に接続されることを期待しています。大半の企業では、デスクトップコンピューティングがエンドユーザーベースのクライアントコンピューティングに進化しつつあります。これは一部でITの消費者化と呼ばれ、PCプラス革命と呼ぶ人もいます。どのように呼ばれようとも、企業はモバイルかつフレキシブルなワークフォースへの変化に対応することで恩恵を受けることになります。しかし、従業員の期待と自社のビジネス要件をバランスさせることが必要になります。
概要

 

新たなクライアントコンピューティング環境の中で、エンドユーザーは接続が維持され、従来のデスクトップからのシームレスな拡張として、最高のネットワークおよびサービスにアクセスすることを望みます。また、エンドユーザーは、自分たちのデバイス、アプリケーションおよびサービスを選択することも望みます。ITサポートのアクセスも確保しつつ、ITを自分のものにしたいのです。また、セキュリティの脅威から解放されることも必要とします。

企業内でクライアントコンピューティング環境が始まり、終わる場所は何処ですか?ユーザー中心の環境は、御社のITインフラ、セキュリティ、コンプラインスおよびガバナンスにどのような影響を及ぼすでしょうか?


ディメンションデータは、クライアントコンピューティングの進化の最初から存在していたため、それがどこで生まれ、どのように開発されたかを知っています。そのため、デスクトップの展開および管理における経験と専門知識を、新たなクライアントコンピューティング環境に取り入れることが可能であり、以下の項目で御社をサポートします。

  • 戦略、アーキテクチャおよび展開
  • アプリケーション管理
  • デバイスポリシー
  • 本人認証管理
  • コンプライアンス
  • セキュリティ
  • 調達
  • エンドユーザーのサポート

ディメンションデータは、従来のデスクトップを含むすべてのデバイス上におけるEメールなどのデータおよびコアアプリケーションへの従業員のアクセスの確保を支援します。
デスクトップに縛られた環境からビジネス主導の環境への移行において御社および従業員の皆様ご協できる内容の詳細は、ディメンションデータまでお問い合わせください

メリット
2
#ffffff

 

モバイルは新たなスタンダードかもしれませんが、デスクトップもまだクライアントコンピューティング環境の重要な一部です。デスクトップ環境に多くの投資を行ってきたことでしょうが、新たなデバイスが複合環境に加わると、ユーザーが望むもの(そして必要とするもの)を提供するために、投資を有効活用する必要があります。
​​従業員が仕事を行う手段を本当の意味で選択できるように、さまざまなデバイスにわたる既存資産を活用することをディメンションデータが支援します。重要なレガシーアプリケーションまたはデータへのアクセスを維持しつつ、セキュリティ、ガバナンスおよびコンプライアンス要件が順守されることを確信できるようになります。

また、生産性が高く、満足を得た従業員への投資に対する収益率も確認されることでしょう。 

ユーザーの新たな要求を満たすための既存資産の活用にご協力できる内容の詳細は、ディメンションデータまでお問い合わせください

 

ディメンションデータのサービス
3

 ディメンションデータのクライアントコンピューティングサービスには以下が含まれます。

  • エンタープライズモビリティ : エンタープライズモビリティフレームワークが御社におけるクライアントコンピューティングサービス要件の評価および対処にどのように役立つかを把握します。
  • システム管理 : ビジネスに一連の適切なツールおよび方法を用いることで、健全かつ生産性の高いクライアントコンピューティング環境がどのように確保できるかを確認します。
  • 本人認証管理 : さまざまなプラットフォームおよびフォームファクターに渡って整合性のある安全な本人認証を確保します。
  • デスクトップ展開および管理 : デスクトップ展開の可能性を最適化し、Windows®デスクトップ環境をその他のデバイスに拡張します(Windows 7展開およびWindows 8展開を含む)。
  • デスクトップ仮想化 : 可視化によって御社の組織およびユーザーエクスペリエンスがどのような恩恵を受けられるかを把握します。
  • アプリケーション統合 : 明確なアプリケーション戦略によって御社ビジネス戦略のユニファイドコミュニケーションおよびコラボレーション(UCC)をどのように強化することが可能であるかを確認し、御社クライアントコンピューティング環境内の音声およびビデオ会議システムのような既存のコミュニケーション資産の採用および利用を推進する方法を把握します。 

ディメンションデータでは、デスクトップおよびシステム管理、また新たなクライアントコンピューティング環境およびモバイルデバイス管理(MDM)を対象としたサービスをご提供します。 

 

 

Latest thinking

 

     

    ディメンションデータが選ばれる理由
    5

     

    ディメンションデータは、実績のあるベストプラクティス、方法、業界での経験に基づくコンサルティングおよび展開サービスを提供します。
    国内、多国籍およびグローバル企業にデスクトップ展開を成功裏に提供した10年間の経験があります。
    Global Fortune 100社の73%、Global Fortune 500社の59%はディメンションデータのクライアントです。
     
    MicrosoftとCitrixの両社のグローバルアライアンスパートナーであり、両者のテクノロジーに関する最高レベルの認定を受けています。
     
    過去8年間でMicrosoftパートナーオブザイヤーを14回受賞し、内5回はデスクトップ展開およびシステム管理によるものです。
    2
    #ffffff
    #485666