#ffffff

 事業継続

堅牢なバックアップおよびリカバリシステムに対するニーズはかつてないほど高まっています。データの量はますます増え続け、企業統治と業界での規制によって経営陣は企業情報のセキュリティに責任を負うようになりました。同時に、仮想化およびクラウドコンピューティングによってビジネスの様相は一変しつつあります。

クラウドに移行中の場合は、レガシーインフラおよびサービス(データセンター、セキュリティおよびネットワークを含む)をプライベートおよびパブリッククラウドのインフラおよびサービスに統合することが必要です。クラウドサービスの確実かつ継続的な提供をどのように保証されていますか? お客様のクラウドプロバイダーはサービスの品質と信頼性に関する明確な契約を提示していますか? お客様のデータはクラウドの中で安全でしょうか?

概要
2

 ディメンションデータはお客様と協力して、オンプレミス型およびクラウド型の両方におけるワークロードおよびデータのバックアップおよびリカバリー要件を評価します。

ディメンションデータのコンサルタントは、物理的バックアップおよびリカバリー環境の3つの主要領域について発見、分析および提案のプロセスを遂行します。

  • ビジネス : サービス水準とビジネス単位のニーズ
  • インフラ : テクノロジーとアーキテクチャ
  • 運用 : 人とプロセス

以下の対策によって、ワークロードをクラウドに移行した場合にビジネスの継続性が危険に曝されないことを確実にします。

  • お客様のビジネスに適したクラウドアーキテクチャおよび戦略の評価
  • お客様に代わってクラウド実現および統合プロジェクトの実行
  • プライベート、パブリックおよびハイブリッドクラウドアーキテクチャの管理
  • 自動化と明確なSLAの提供

 

Video

 

  • ING DIRECT Zero Touch Case Study

    ING DIRECT is a challenger bank in Australia. As a wholly digital business, it relies on technology to provide its 1.5 million customers with a seamless banking experience.

メリット
2

 ディメンションデータのビジネス継続性サービスによって、以下が可能になります。

  • データ損失からの復旧、データ損失の可能性の低減、ミッションクリティカルなデータの復元可能性の保証を実現する能力の向上
  • 増大するビジネス上のニーズを満たすためのアーキテクチャの拡張性の保証
  • IT提供能力とビジネス上の期待の適合
  • クラウド上での本番環境におけるアプリケーションの快適な実行
  • クラウド統合プロジェクトによるリスクの排除
  • クラウドの計画、導入および管理費用の削減
  • オンプレミス型およびクラウド内におけるデータの安全性の保証
  • クラウドベースのワークロードの迅速かつ容易なバックアップ
ディメンションデータのサービス
2

 ディメンションデータのサービスには以下が含まれます。

  • バックアップおよびリカバリーアセスメント : バックアップおよびリカバリー環境について調査、分析および提案のプロセスを実施
  • クラウド対応ワークショップ : お客様の環境のあらゆる側面についてクラウドへの準備が整っていることを保証する体系的な取り組み

ディメンションデータの包括的なクラウドサービスは、クラウドへの移行のあらゆる段階でお客様をサポートするために設計され、世界中で利用することが可能です。詳細はこちら

クラウドへのスムーズな移行を準備するために、お客様データセンター環境の進化および最適化にご協力できる内容をご確認ください。ディメンションデータは、お客様と協力して効率的かつ機動的なITインフラをご提供します。これは、かつてないほど自動化され応答性に優れたビジネスサービスの提供を可能にするものです。

 

Latest thinking

 

 

ディメンションデータが選ばれる理由
4

 

 
  • ディメンションデータは世界40ヵ国でクラウドインフラサービス、サーバ、ストレージ、仮想化および設備を網羅するデータセンターソリューションおよびサービスを展開しています。
  • サーバおよびストレージソリューションの設計、導入およびサポートで19年間の経験があります。
  • 37ヵ国で400社以上のクライアントにCisco USCを販売しました。 
  • 40ヵ国でVMwareパートナーであり、世界で600以上のVMware認定を受けています。

  • 40ヵ国でGlobal EMCパートナーになっています。

  • 100ヵ国でCaaSを提供しています。
  • 100万席以上のMicrosoft® Office 365を配備しました。
  • Microsoftクラウド推進パートナーです。

  • 複数のベンダーから2,200以上のデータセンター認定を受けています。

 

ディメンションデータは、Gartner社の2012年度マジック・クアドラント報告書で、クラウドIaaS部門、および通信アウトソースとプロフェッショナルサービス(COPS) 部門の両部門において、リーダー・クアドラントに位置付けています。

2
#475666