#ffffff

 エネルギー効果

世界のエネルギー消費量は1970年代から倍増し、2030年には更に44%増加すると予測されています。

この事実は、環境保護の課題を提起するだけではなく、エネルギーコストの継続的な増加によって、エネルギー効率に重点を置くことで運用費を削減する圧力がビジネスに加わることも意味します。

#ffffff

 

概要

 

データセンターによって消費されるエネルギーは同規模のオフィスの最大100倍になるため、IT部門は自らの運営において大幅な省エネルギーを実現し、オフィスのエネルギーコストを削減するシステムを提供することが可能です。

ディメンションデータのソリューションは、以下の領域におけるエネルギー消費量を定量化し、削減します。

  • データセンター-装置と設備に重点を置くことによって電力使用の有効性を最適化します。
  • ネットワーク-通信装置のエネルギー消費量を削減し、ネットワークの電力管理機能を活用することによって、ITのエネルギー使用を管理します。
  • スマートビルディング-ネットワークをプラットフォームとして利用し、完全に統合されたアーキテクチャによって、ビル内部のエネルギー消費量を削減し、運用効率を向上させます。

コンサルティングとデリバリーにおける専門知識によって、ディメンションデータはお客様の組織に最適なソリューションの設計にご協力します。また、ビジネスニーズの変化に伴うエネルギー使用の計画および変更もサポートします。

 

 

メリット
2

 ディメンションデータの各種ソリューションは、エネルギー使用量、コストおよび二酸化炭素排出量の定量化可能な削減につながるため、投資に対するメリットを測定および報告できるようになります。

コスト削減
データセンター、ネットワークおよびビル内のエネルギー使用量を効果的に管理することによって、エネルギーコストを大幅に削減し、投資に対する短期間での収益を実証することが可能です。
環境への影響の軽減
二酸化炭素排出量の明確で測定可能な削減を示すことも可能になります。これは企業における持続可能性の目標の達成に役立ち、炭素管理に関する各種規制への適合が容易になります。
ディメンションデータのサービス
5

 

 
データセンターの設計-電力使用の有効性を最大化するために最適な設備およびIT設計を特定します。
電力および冷却アセスメント-データセンターにおける電力と熱に関連する問題を特定、阻止および解決します。
サーバ仮想化アセスメント-エネルギー使用量の削減を定量化するために、サーバインフラを仮想化および統合する機会を特定します。
テクノロジーライフサイクル管理アセスメント-ネットワークを利用してエネルギー効率を向上させるために、ネットワークインフラの計画と機会の特定を支援します。
スマートビルディングサービス-最適化されたエネルギー効率と高い運用管理を提供する統合ITアーキテクチャの設計および導入を行います(ヨーロッパ、中東、アフリカおよびアジア太平洋地域において利用可能)。

 

Latest thinking

 

 

ディメンションデータが選ばれる理由

 

  • ディメンションデータのソリューションは、明確な経済的メリットおよび持続可能性のメリットを提供し、トリプルボトムラインの結果を出すために役立ちます。
  • ディメンションデータはスマートビルディング(特定の地域のみ)、データセンターおよびクラウドについての専門知識を持っています。
  • 独立した複数のアナリストによって、持続可能な技術サービスに対するディメンションデータの優れたアプローチが認められています。
  • ディメンションデータの経験は、長年にわたる自社を含む世界中の企業に対するアドバイスの提供と、ITを利用した持続可能性の向上に基づいています。ディメンションデータにおける持続可能性戦略については、こちらをご覧ください。
#ffffff
#475666