#ffffff

 ID管理

信頼できるデジタルコーポレートアイデンティティおよびIDライフサイクル管理によって情報および資源へのアクセスを管理することは、長年にわたってお客様のITアーキテクチャおよびセキュリティ戦略のコア要素の1つになっています。ユーザーの認証、アプリケーションおよびデータに対するアクセスの管理、役割と権限の割り当ては、企業資産のコンプライアンスおよびセキュリティを確保するために欠かせません。 

複数のシステムにわたるユニファイドコミュニケーションなど、エンタープライズモビリティ、クラウドコンピューティングお よびエンドユーザーを対象とした各種アプリケーションによって、効果的なID管理の必要性が高まっています。データが危険にさらされないことを保証し、 ユーザーによる利用に対する障壁を排除することが必要です。

 

概要

 

効果的なID管理には、エンドユーザーエクスペリエンスをシンプルかつシームレスにして、セキュリティリスクを最小限に抑えつつ、運用の複雑さによるコストも低減する可能性があります。そのためには、Microsoft® Active Directoryなどの既存のIT資産を活用し、さまざまなアプリケーション、データソースおよび運用プロセスと相互運用することが必要です。

お客様のID管理の取り組みは従来、従業員にシングルサインオンを提供するために、オンプレミスのActive DirectoryをSAPまたは人事システムなどのディレクトリと統合することに重点が置かれていたものと思われます。しかし、クラウドコンピューティングの台頭は、単一のユーザーIDを用いて複数のデバイスおよび場所からネットワークにログオンしたいというユーザーの要望と相まって、ID管理の状況が変化しつつあることを意味します。

今こそ、ID管理に対する積極的なアプローチを取り、オンプレミス、クラウドおよびハイブリッド型資産を取り入れるときです。ディメンションデータは、ID管理における10年間に及ぶ経験でお客様をサポートします。

 

 

メリット
5

 ディメンションデータは、ID管理の経験および専門知識を幅広い技術領域にわたる統合スキルと組み合わせて、以下についてお客様を支援します。

ディレクトリの整理、統合および自動プロビジョニングプロセスの導入による運用コストの削減
モビリティ、コミュニケーションおよびコラボレーションなどの主要シナリオ全般におけるエンドユーザーエクスペリエンスの簡素化(各種アプリケーションが複数のベンダーによるものであっても有効)
ライフサイクル管理によるIDのベストプラクティスによる運用プロセスの定義および組み込み
オンプレミス型およびクラウド内におけるデータの安全性の保証(誰がアクセスしているかを正確に把握可能)
モバイルワーカーの許可とサポート、それによる従業員の生産性の向上、従業員および顧客の満足度の改善
ディメンションデータのサービス
2

 

ディメンションデータはID管理ライフサイクル全般にわたる以下のような各種サービスをご提供します。

  • コンサルティングおよびアセスメントサービス : お客様と協力して現状を把握および評価します。認証および権限付与サービス、ユーザーアカウント管理、シングルサインオン、フェデレーション、デジタル署名管理、アイデンティティおよびアクセスガバナンスを含む総合的なIDおよびアクセス管理のニーズに対応する戦略とロードマップを策定します。
  • 設計および展開サービス : Active Directoryなどの主なIDインフラ、またMicrosoft® ExchangeおよびMicrosoft® SharePointと統合されたデジタル著作権管理を含む情報保護ソリューションを設計および展開します。
  • プロビジョニングサービス : モバイルデバイスおよびアプリケーション、さらにさまざまなオンプレミス、ハイブリットおよびクラウド型サービスに対するデジタル証明書のプロビジョニングをサポートします。
  • 統合および移行サービス : 複数のベンダーからの各種アプリケーションおよびディレクトリを統合し、Forefront Identity Managerなどのツールを活用して、ユーザープロビジョニングなどのプロセスを簡素化します。また、ディメンションデータは、Lotus NotesやGroupwiseなどのレガシーアプリケーションからExchangeへのIDの移行に関するエキスパートです。
  • 管理およびガバナンスサービス : 適切なテクノロジーの調達、適切なプロセスの開発、現在進行中のセキュリティ、コンプライアンスおよび変更管理をサポートするために必要な組織的なインフラの定義においてお客様を支援します。場合によっては、お客様の環境をディメンションデータが管理することも可能です。

さまざまなCiscoユニファイドコミュニケーション製品向けのID管理が提供されているディメンションデータのIPADソリューションをご覧ください。

ID管理の最適化を目標とされているのであれば、以下の関連領域におけるディメンションデータの専門知識によって付加価値が提供される可能性があります。

 

 

 

ディメンションデータが選ばれる理由
5

 

ディメンションデータには世界中のクライアントを対象にID管理ソリューションを構築および展開した10年以上の経験があります。
オンプレミス型アプリケーションおよびインフラ、データセンターおよびクラウドの構築および展開で広く認められているリーディングカンパニーです。
ディメンションデータの顧客は、金融サービス、電気通信、医療、製造、政府、教育など、あらゆる産業にわたる6,000社以上です。
MicrosoftとCiscoのIDを統合するためのソリューションを開発し、提供しています(受講歴あり)。
 
過去8年間でMicrosoftパートナーオブザイヤーを14回受賞し、IDおよびシステム管理に関する専門知識に対する表彰も含まれています。
2
#ffffff
#475666