#ffffff

 システム管理

​​効果的なシステム管理は、かつてないほどビジネスにおいて重要になっています。オンプレミス型インフラの管理はそれ自体が複雑である一方、クラウド型モデルへの移行には新たな複数の課題があります。特定のワークロードをプライベート、パブリックおよびホスト型クラウド環境に移行中の場合、複数のアーキテクチャを管理することが必要です。お客様のインフラおよびアプリケーションは、もはや中心的な1ヵ所には存在しません。

 

概要

 

堅牢なシステム管理は、お客様の環境を自動化およびデジタル化し、人間の介入とエラーの可能性を最小限に抑えることを可能にするために極めて重要です。

ディメンションデータのシステム管理サービスは以下の領域をカバーしています。

  • データセンター : 実行に使用されているインフラのタイプに関係なく、各種アプリケーションのシームレスな管理のためにハイパーバイザの管理を強化し、Microsoft® System Centerスイートを活用します。
  • ITサービス管理 : 情報技術基盤ライブラリ(ITIL)プロセスおよびMicrosoft Operations Frameworkを自動化および最適化します。
  • デスクトップ : デスクトップ管理タスクを自動化および合理化します。
  • モバイルデバイス : 各種モバイルデバイスを管理し、セキュリティを確保します。
  • ID管理 : オンプレミス型とクラウド型の両方のインフラにおいて本人認証の管理を強化します。

ディメンションデータのチームは、お客様が投資した他のテクノロジー(例 : VMware、Cisco、EMC、NetAppなどによるもの)とMicrosoft® System Centerスイートの統合を可能にします。

 

 

メリット
5

 ディメンションデータを利用することによって、以下が可能になります。

プロビジョニング、自動化およびオーケストレーションによるビジネスの俊敏性の向上
お客様のインフラから引き出される価値の最大化
お客様の環境の管理に関連するコストおよび管理上の負担の最小化


人的エラーの可能性の低減


セキュリティの強化および効果的なガバナンスの実現

ディメンションデータのサービス

 ディメンションデータのサービスには以下が含まれます。

  • インフラ最適化アセスメント : Microsoft® System Centerスイートによって、お客様のビジネスの価値をどのように高めることができるかを把握します。
  • 次世代デスクトップ仮想化アセスメント : デスクトップおよびアプリケーションの管理を強化する方法を特定し、デスクトップ展開戦略を策定します。

ディメンションデータのソフトウェア管理サービスが対象とする関連技術領域を以下に示します。

  • データセンター : お客様のデータセンター環境を最適化し、かつてないほど高度に自動化され応答性に優れたビジネスサービスを提供します。
  • 仮想化 : 仮想化によって、ビジネスの継続性と柔軟性の向上および自動化の促進、コスト削減、ビジネスのクラウドコンピューティング対応が可能になります。
  • クライアントコンピューティング : ITの消費者化、モビリティおよびBYOD(個人所有デバイスの持ち込み)プログラムの導入を支援します。

 

 

 

ディメンションデータが選ばれる理由

 

  • 2011年Microsoftグローバルパートナーオブザイヤー(システム管理)を受賞しました。
  • 500万台以上のMicrosoft Windowデスクトップを設置しました。
  • VMware、Hyper-VおよびCitrixのグローバルパートナーです。
  • 900名以上のMCPを含む5,100名以上のMicrosoft認定取得者が在籍しています。
  • 世界中で以下を含む10のMicrosoftコンピテンシーでゴールド認定されています。
    • コミュニケーション
    • コンテンツ管理
    • デスクトップ
    • デジタル
    • デジタルマーケティング 
    • IDとセキュリティ
    • メッセージング
    •  ポータルと情報共有
    • サーバプラットフォーム
    • ソフトウェア資産管理
    • ボリュームライセンス
  • 過去8年間でMicrosoftパートナーオブザイヤーを14回受賞し、内5回はデスクトップおよびシステム管理に関するものです。
2
#ffffff
#475666