#ffffff

 メッセージング

メッセージングアプリケーションは、お客様の組織における内部およびクライアントやパートナーとのコミュニケーションおよびコラボレーション能力の中核を成すものです。そのため、インフラのゼロダウンタイムと高可用性が極めて重要です。しかし、メッセージングシステムの展開、運営および管理は、貴重でコストの高いリソースを消耗する可能性があります。

お客様のメッセージング戦略はどのようなものでしょうか? Eメールおよびインスタントメッセージを対象とした最新テクノロジーのアップタイム、パフォーマンスおよびアクセスをどのように確保されていますか? お客様の資産はオンプレミスですか、クラウド内ですか? 恐らく、両者を併用されていることでしょう。それとも、最適な方法をご検討中でしょうか?

概要

 

ディメンションデータのメッセージングソリューションは、統一されたアプローチによって効率性を向上し、お客様のメッセージおよびコミュニケーションインフラを最適化することによってコストを削減します。これは、Eメール、インスタントメッセージ、プレゼンスおよび統合メッセージングプラットフォームの展開、統合および管理によって実現されます。


ディメンションデータでのコンサルティング、プロフェッショナル、クラウドおよびマネージドサービスは以下に役立ちます。

  • オンプレミスまたはクラウド内での、お客様の組織に適したメッセージング環境の設計
  • Lotus NotesやGroupwiseなどのプラットフォームからCisco Jabber、Microsoft® Exchange、Microsoft®Lync、弊社のMicrosoftクラウドサービスまたはMicrosoft® Office 365へのメッセージングワークロードの移行
  • 存在する場所に依存しない、お客様のメッセージング資産に最適なライセンス戦略の策定
  • テクノロジーおよびベストプラクティスに関して最新の情報を提供し、お客様の環境を継続的に最適化

 

 

メリット
4

 お客様の組織に最も有益なメッセージングソリューションの設計および展開にディメンションデータが関与することによって、以下のようなビジネス上のメリットを期待できます。

 
コスト削減 : 
より少ないサポートコールに対応しつつ、インフラの統合、貴重な社内資源の解放、柔軟性が高く、コスト効率の良いストレージまたは消費モデルの使用、仮想化またはクラウド化に向けたソリューションの準備をすべて実現することができます。

 
効率の向上 : 
お客様の環境は、管理が容易になり、常に利用可能になり、停電から短時間で回復できるようになります。取引するベンダーの数が減り、お客様のエンドユーザーは受信トレイの管理が容易になったことに気付きます。

 
セキュリティおよびコンプライアンスの強化 : 
データが効率的にアーカイブされ、セキュリティの管理が強化され、データの安全性が向上します。


生産性の向上 : 
IT部門がシステムの管理が容易になったことに気付く一方、その他の部門では、場所とデバイスに関係なく、従業員間のコミュニケーションが良好かつ迅速になります。

ディメンションデータのサービス

 

ディメンションデータのユニファイドコミュニケーションおよびコラボレーション開発モデルは、一連の業務および戦略基準に照らして、ユニファイドコミュニケーションおよびコラボレーションの領域におけるお客様の力量と能力を評価する実用的なツールです。この開発モデルによって、現況を評価し、将来の望ましい状態に至るロードマップが提供されます。

ディメンションデータのHow Do You Meetアセスメントでは、従業員同士の協力およびコミュニケーション方法が分析されるため、お客様の組織に最適なメッセージングオプションを提案することが可能です。

ディメンションデータのMicrosoft® LyncおよびMicrosoft® Exchange導入プランニングサービスは、ビジネスケースの作成と展開計画の立案を支援します。弊社のコンサルタントがベストプラクティスを共有し、お客様の組織の要件を分析して、カスタマイズされたプランニングサポートを提供します。

ディメンションデータのMicrosoftクラウドサービスは、ExchangeLyncおよびSharePointをベースとするフルマネージドの統合プラットフォームを提供します。このプラットフォームは、クラウドベースのソリューションによる柔軟性、スケーラビリティおよび効率を備えています。

ディメンションデータのメッセージングサービスは、以下の関連ソリューション領域とも統合されます。

  • ユニファイドコミュニケーションおよびコラボレーション : メッセージングはコミュニケーションおよびコラボレーションソリューションの一側面にすぎないため、ディメンションデータの各種サービスが完全に統合されたアプローチでお客様を支援します。
  • エンタープライズモビリティ : ディメンションデータの完全に統合されたエンタープライズモビリティフレームワークでメッセージングのモバイルデバイスへの拡張を支援し、このプロセスをサポートします。

 

 

 

ディメンションデータが選ばれる理由
5

 

ディメンションデータは、お客様のメッセージングシステムの展開または移行を支援する技術、展開の経験およびテクノロジーに関する専門知識を持っています。これらには、システム管理、ディレクトリ統合およびビジネスプロセスについての深い理解が含まれます。
世界最大規模の複数の企業を対象としたメッセージング環境の設計、展開、統合および管理における長年の経験によって、ディメンションデータはお客様の投資の安全性を確保するベストプラクティスを構築しました。​​
ディメンションデータとMicrosoftのパートナーシップは10年以上になります。メッセージングとコミュニケーションを含む10のMicrosoftコンピテンシーでゴールド認定されています。Microsoft® ExchangeおよびMicrosoft® LyncのMicrosoftマスターを雇用し、2012年にはMicrosoftのメッセージングパートナーオブザイヤーに選出されました。
10ヵ国においてCiscoユニファイドコミュニケーションマスターであり、世界で500以上のCiscoユニファイドコミュニケーション認定を受け、60名以上の音声CCIEを雇用しています。
Jabber、WebEx、Microsoft® LyncおよびOffice Communication Serverを含む200万以上のソフトクライアントを展開し、その多くは音声とビデオが統合された最先端のものです。